応援メッセージ

激励会Opening Movie(音声なしversion)


~冨田千愛選手のオリンピック出場に寄せて~

maeta_banner
応援幕と前田会長(湖山池)

今年の8月7日から12日までリオデジャネイロオリンピックボート競技女子軽量級ダブルスカルの日本代表として、明治大学大学院(米子東高校卒)に所属する冨田 千愛(とみた ちあき)選手の出場が決定しました。
鳥取県出身の選手としては、1960年のローマオリンピックに出場された福田紘史さん(東京大学・倉吉東高卒)、1968年のメキシコオリンピックに出場された福益敏さん(同志社大学・米子東高校卒)に次いで3人目となります。
近年、鳥取県ボートの競技力向上は目覚ましいものがあり、3年連続で日本代表選手を輩出しておりますが、中でも冨田選手はそのリーダー的存在であり、今回のオリンピックでもクルーを組む大石選手(中部電力)と一緒に漕いだ昨年のユニバーシアードでは、女子ダブルスカルで日本ボート界初の優勝を成し遂げました。
冨田選手を始め鳥取県出身の選手が、日本代表選手として、オリンピック等の世界の舞台で活躍することは、ボート競技に取り組む小学生、中学生、高校生など若い選手たちに夢と希望を与えてくれ、小さな県でもやればできるという自信につながるものと思います。
冨田選手がリオデジャネイロオリンピックで活躍することを期待するとともに、2020年東京オリンピックに向けて一層の飛躍を遂げる機会になることを祈念するものです。
県民の皆様には、冨田千愛選手に対しまして盛大なるご声援並びにご支援をいただきますようお願い申し上げます。

平成28年6月
鳥取県ボート協会会長 前田八壽彦

このページをシェアする>>Facebooktwittergoogle_plus


激励会Ending Movie(音声なしversion)