冨田選手プロフィール

tomita_profile0

富田千愛選手の競技歴 ご紹介

高校時代にローイング(ボート競技)と出会い、米子・錦海からスタートした冨田選手のローイング・キャリアは様々な困難と栄光を経て、今回のオリンピック出場という快挙に結びつきました。その略歴をご紹介いたします。

このページをシェアする>>Facebooktwittergoogle_plus

2009
H21
米子東高校入学と同時にボート競技を始める
→中学までは器械体操、バスケットボールなどで身体を鍛える
2010
H22
全日本ジュニア選手権出場 →初めての「全国大会」を経験
沖縄インターハイ 4位(舵手付クオドルプル)
2011
H23
全日本ジュニア選手権 →総合9位で惜しくもU19日本代表入りを逃す
山口国体 7位(舵手付クオドルプル)
2012
H24
明治大学入学 端艇部に入部
インカレ 優勝(ダブルスカル)→初めての「日本一」
岐阜国体 2位(ダブルスカル)→当時の鳥取県勢「女子種目の最高位」
2013
H25
インカレ 2位(舵手付クオドルプル)
東京国体 優勝
(シングルスカル)
2014
H26
この年から日本代表(Crew Japan)メンバーに選出され名実ともに国内トップレベルの仲間入りを果たす
アジアカップ 優勝(軽量級ダブルスカル)→初めての「国際大会」出場
U23世界選手権 10位/18クルー中(軽量級ダブルスカル)
インカレ 優勝(シングルスカル)
長崎国体 2位(シングルスカル)
2015
H27
明治大学端艇部 主将に就任
ユニーバーシアード 優勝(軽量級ダブルスカル)
U23世界選手権 2位 (軽量級シングルスカル)
世界選手権 17位/26クルー中(軽量級ダブルスカル)
2016
H28
リオ五輪アジア・オセアニア大陸予選 優勝 (軽量級ダブルスカル)→オリンピック出場決定