諏訪湖ロングレース

nagano_rowing_longrace0
諏訪湖ロングレースは、信州のボート競技シーズンの幕開けを告げる恒例イベントです。やまびこ国体を翌年に控えた1977年に創設されました。通常のボートレース(レガッタ)とは異なるスタイルが特徴です。全周15kmの諏訪湖をダイナミックに横断し途中で折り返しもある変化に富んだコースを、全種目の一斉スタートで競います。

創設当初は、天竜川の源・岡谷の釜口水門をスタートし、上諏訪の初島を折り返して下諏訪漕艇場に向かう通称8kmコースでした。1993年の天候トラブル以降は、安全性配慮のため、下諏訪漕艇場から初島と諏訪湖博物館沖を周回するコースに変更されて現在に至ります。新シーズンの行方を占う試金石のイベントでもあり、大会最優秀と認められたクルーには「長野日報賞」が授与されます。

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedintumblrmail