【結果】第38回全日本中学選手権競漕大会

岐阜県・長良川ボートコースにて開催された第38回全日本中学選手権競漕大会は、猛暑のコンディションによる熱中症リスクを考慮して、決勝・順位決定戦が中止となりました。各種目の決勝進出クルーが、すべて優勝、順位決定戦進出クルーが全て7位となりました。
鳥取県勢は、女子シングルスカルで米子漕艇Cの中井風桜さん、杉原春菜さん、鳥取ジュニアRCの三中心花(みつなかこのか)さんが優勝。男子シングルスカルで米子漕艇Cの釜田佳典さん、荒木基さんが優勝、鳥取ジュニアRCの山本健斗さんが同種目で7位となりました。
総合成績もこの順位を基に集計され、米子漕艇クラブの男子が総合優勝、女子も総合で4位となりました。米子漕艇クラブが全日本中学選手権競漕大会で総合優勝したのは初めての快挙です。また創設3年目の鳥取ジュニアローイングクラブも2名が全国入賞する活躍でした。

Facebooktwittergoogle_plus

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください